税務調査に安心して臨めるために必要なこと

何らかの事業を行っている人にとって、税務調査の対象になることに対して、恐怖心を持っている場合があるのではないでしょうか。またすでにそうした調査の対象になった人から、調査に関する体験談を聞かされた経験のある人も少なくないでしょう。こうした調査が行われ、そして過去の申告内容に誤りがあると認められた場合は、不足している申告所得税や法人税などの納付だけでなく、それらに対する延滞税の納付なども必要となるからです。当初から悪意を持って過少申告や虚偽申告を行っていた場合は別として、正しい知識を持っていなかったり、課税する側と認識が異なっていることが原因になっている場合もあり、必ずしも悪質なものばかりではありません。

けれども税務調査の対象になった場合には、何らかの名目での追加納税を行うことになる場合も多く、調査対象になったというだけで、事業者には緊張感が走るのが現実であるといえます。こうした税務調査に対して、恐怖感を覚えなくて済むように、日ごろから力を借りたいのが税理士です。税理士は税に関する専門的な知識を有しているため、日々の書類にも目を通してもらい、申告の際にも助力を仰いでいれば、こうした税務調査が行われることが決まっても、安心して調査を迎えることができます。税務調査の対象になった場合でも、慌てることなく平常心で調査に臨むことができるよう、ぜひ常日ごろから税理士の力を借り、二人三脚で事業を行っていきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です